ダートコースは日本一のスケールを誇り、最後の直線は国内屈指の長さを誇ります。

MENU

東京競馬場の特徴

コース状態

左回り

芝コース

2083.1m 直線525.9m オーバーシード

ダートコース

1899m 直線501.6m

障害コース

1674m 直線(芝463m ダート489m)

開催G1

:ダービー、オークス、NHKマイルC、ヴィクトリアマイル、安田記念、天皇賞・秋、ジャパンカップ、フェブラリーS

 

長い直線

最後の直線は国内屈指(新潟外周りに次ぐ2番目)の長さを誇ります。
逃げ馬には最後まで粘り切る脚力と精神力が求められますが、差し・追い込み馬の騎手たちが直線を意識しすぎるとスローペースにはまり、逃げ・先行馬に楽をさせてしまう事もあります。

 

2度の坂越え

1コーナーから向正面半ばまでは長く緩やかな下りですが、3コーナー手前に高低差1.5mの坂が待ち構えます。
これを登りきると短い平坦部分をはさんで再び下り勾配、さらに4コーナーの手前からは再び上りとなります。
ゴール手前480m~260mで2.1mで上る勾配は中山や阪神に比べれば緩やかですが、だらだら坂と呼ばれる難所で、非力な馬にはかなりこたえます。
ごまかしが効かないタフなコースで、展開の利だけでは簡単に勝てません。

 

ダートもタフ

ダートコースは日本一のスケールを誇ります。
アップダウンの構成は芝コースと同じですが、ゴール手前の上り勾配の高低差は2.4mで芝コースよりキツイのです。
スピードだけではなくタフな心配能力が要求されます。

 

 

主なコース距離別のポイント

芝1400m

スタート地点から3コーナーまでの距離は300mと短いが、急坂があるせいか、あまりハイペースにはなりません。
思い通りのポジションが取りやすい真ん中より内側の枠に有利な傾向があります。
脚質による有利不利は少なく、自分のレースが出来るかが鍵となります。
この距離でもマイル(1600m)をこなせるだけのスタミナが要求されるのです。

 

芝1600m

安田記念、ヴィクトリアマイル、NHKマイルカップなど、最強マイラー決定戦の舞台となります。
スタート地点が向正面の右手奥なのでバックストレッチが長く、枠順の有利不利はあまりありません。
そのバックストレッチが緩やかな下りになっているため、平均ペース以上の緩みのないペースになりやすく、勝負は直線に向いてからとなります。
ただし、追い込み一辺倒では厳しく、粘り強い先行力または長く持続する末脚が必要です。
純粋なマイラーよりもやや距離の融通が利く、中距離志向の馬に分があります。

 

芝1800m

スタート地点は1~2コーナー間のポケット地点で、約150m進んだところで向正面の直線に出ます。
この合流地点までのポジション争いは激しくなるものの、全体的な流れは落ち着きやすく、速い上りの脚を確実に使える馬に向いています。
先行する能力のない内枠の馬、多頭数の大外枠は不利な傾向があります。

 

芝2000m

1コーナー奥のポケットからスタートし、約100mで2コーナーのカーブが待ち受けるため、外枠の馬が内へ入るのは難しいのです。
したがって外枠の逃げ、先行馬にとっては難コースでしょう。
しかし、内枠で先行出来る馬には有利です。一般的に内枠が断然有利なコースとして知られていますが、天皇賞・秋では7枠の好走例が少なくありません。
難所の2コーナーを過ぎれば幅が広々として直線も長いので、いい脚を長く使える馬なら枠順の不利も補えるということでしょう。

 

芝2400m

日本ダービー、オークス、ジャパンカップという国内最高峰のG1レースが競われます。
スタートから正面スタンド前で1コーナーまでの距離が長いので枠順の有利不利はありません。
最後の直線が長いため、上級レースになればなるほど逃げ・先行馬の押し切りは難しく、厳しい流れになりがちなG1では持続力と瞬発力を兼ね備えた末脚、スタミナが求められます。
馬場が悪化した場合は逃げ・先行馬が強いようです。

 

芝2500m

スタンド前の直線の坂下から発走するため、スタート直後に坂を上り、3コーナーさらに最後の直線と3度の坂越えをこなさなければなりません。
長距離線でも緩みのない流れになる事が多く、必ずしも逃げ・先行馬が有利ではありません。
最後の直線が長いだけに、馬群がダンゴ状態で差し・追い込み馬にチャンスが生まれるか、もしくは前がバテて後続に差されるケースが多いのです。
レース数は少ないですが、重賞では目黒記念(GⅡ)とアルゼンチン共和国杯(GⅡ)が行われます。

 

芝3400m

府中きっての長距離戦・ダイヤモンドS(GⅡ)のコースで、平均ペースを中団で追走した馬が好走しています。

 

ダート1300m

東京競馬場のみで実施される距離ですが、展開的には他場の1200m戦と同様に考えていいでしょう。
スタート地点から3コーナーまでは340mあるので、外枠の先行馬でも好位置につける事が出来ます。
枠順の有利不利はありませんが、ペースが落ち付きやすく、スピードのある逃げ・先行馬が良績を残しています。

 

ダート1400m

100m違うだけの1300m戦とコース形態は近いものの、求められる能力は異なります。
逃げ・先行馬に有利な点は同じですが、スピー色が濃い1300mとは違い、ハイペースを乗り切れる粘り強さやスタミナも必要です。
上のクラスになるほど差し馬が台頭するケースが増えます。

 

ダート1600m

フェブラリーSのコースです。
第一関門はスタートダッシュが出来るかどうかです。
発走直後が芝コースなのでダート専用馬は苦戦する傾向にあります。
また、外枠ほど芝の上を長く走ることになるため、芝も走れる逃げ・先行馬が外枠に入った場合は外枠有利です。
先行馬の方がやや分がいいものの、ダート1300・1400m戦と比べれば差し馬の好走が多いようです。

 

ダート2100m

スタンド前中央からスタート、1コーナーまでは230mです。
そのためポジション争いが熾烈になり、大外枠は不利になります。
向正面でペースが落ちやすいですが、そこでスムーズに折り合え、かつ直線までスタミナを温存出来る馬が強いのです。
古馬の場合はダート長距離戦での実績を重視したいです。