内回りやダートは、やや大きめのローカル競馬場というイメージです。

MENU

中山競馬場の特徴

コース形態

右回り

芝コース

内回り1667m
外回り1840m 直線310m オーバーシード

ダートコース

1439m 直線308m

障害コース

1456m たすき447.424m 直線(芝256m ダート290m)

開催G1

皐月賞、有馬記念、スプリンターズS、朝日杯FS、中山グランドジャンプ、中山大障害

 

 

内回りはローカルサイズ

内回りの1周は1667mで、札幌競馬場の1640.9mとさほど変わりません。
直線の310mも中央4馬場(東京中山京都阪神)では最短で、中央競馬場(314m※改修中)よりも短く、やや大きめのローカル競馬場というイメージです。
ただし、コース全体の高低差はJRA10競馬場中最大の5.3mとなっており、ダートも同じくローカルサイズに近いですが、こちらも高低差は4.4mもあります。

 

中央開催の権威を誇示する急坂

スタンド前から1~2コーナーに向かって上り勾配が続き、2コーナー手前が最高点です。
内回り、外回りともそこから下り勾配となり、平坦部分をはさんでホームストレッチの半ばまで長い下り坂が続きます。
ゴール手前220m~270m地点の上り坂は1.6%で高低差は2.4mです。
まさに日本一の急坂で、ここが小回りのローカルコースと決定的に違うのです。
快調に飛ばしてきた馬の脚色が急に鈍り、ゴール前の逆転につながるのもこの急坂のせいで、直線が短くても簡単に流れ込むわけにはいかないのです。
小回りコースは逃げ・先行馬が有利ですが、勝つためにはパワーと精神力が要求されます。
ダートの坂もキツさは同様です。

 

トリッキーな障害コース

深くえぐられた谷を上り下りするバンケットを擁するスリリングなコースです。
春の中山グランドジャンプ、暮れの中山大障害の2度しか使用されない襷コースには大竹柵、大生け垣が待ち受けています。

 

 

主なコース・距離別のポイント

芝1200m・外回り

スプリンターズSが行われるコースです。2コーナー奥からスタートし、3コーナーまで約400mの下り坂があり、加速がついたまま最後の直線に向かいます。
直線距離が短いため、追い込み一手の脚質には不向きです。
先行力があり、急坂でもいい脚を使える馬に向いています。

 

芝1600m・外回り

1コーナーのポケットから出ておむすび型のコースを1周するイメージで、毎日杯フューチュリティーステークスが行われます。
2コーナーをスムーズに回って向正面でいい位置を取るためには内枠が断然有利です。
コースの最高点から外回りの3コーナーの中間まで一気に駆け下りるため、ハイペースになりやすいのです。
ゴール前でバッタリ止まる馬も少なくはないですが、逃げ・先行馬の前残りは大いに期待できます。
差し馬なら直線入り口で好位につけられ、急坂を克服して前を捕らえる瞬発力があることが望ましいでしょう。

 

芝1800m・内回り

向正面に出るまで2つのコーナーを走るため、1コーナーで外を回されると二重の不利で距離ロスが大きいのです。
そのため、先行馬の外枠はかなり不利です。
また、コーナーを4回まわるので器用さを備えた逃げ・先行馬に分がよさそうですが、先行争いが激しくなるため差し・追い込み馬が健闘しています。
ただし、馬場が渋った場合は先行脚質が有利です。

 

芝2000m・内回り

内回りをぐるりと1周する皐月賞のコースです。
2度の坂越えと4回のコーナーをこなすには、スピード・スタミナ・器用さが求められます。
スタートから1コーナーまでは405mあり、高低差のある坂を上るためハイペースになりにくいのです。
ここで先手を取れた先行馬は、向正面下り坂で息を入れながら最後の直線に向かう事ができるため、そういう展開になると後続馬は苦しくなります。
先行馬に有利なコース設定といえ、多頭数の大外枠は不利と考えていいでしょう。

 

芝2200m・外回り

スタート地点から最初のコーナーまでは2000mと同じ展開ですが、外回りのおむすび型をほぼ1周します。
向正面から3~4コーナーの中間までは緩やかなカーブでスピードに乗りやすいため、ここで一気にペースが上がって、ゴールまでなだれ込むパターンが多いのです。
ロングスパートが出来る馬を見つけたいですね。

 

芝2500m・外→内回り

年末の風物詩として数々の名勝負を生んだ有馬記念のコースです。
スタートは外回りの3コーナー手前で、2週目の2コーナーから内回りに入ります。
スタート直後の3コーナーからスタンド前に出てくるまで先行争いが繰り広げられるため、主導権争いは激化しやすいのです。
先行出来る馬の方が有利で、差し・追い込み馬の場合は、よほど抜けた能力の持ち主でないと勝つのは難しいでしょう。

 

芝3600m・内回り

暮れの名物レース・ステーイヤーズステークスが行われます。
内回りを2周する間に急坂を2回、コーナーを8度も通過するため、豊富なスタミナに加えて先行出来るレース巧者が活躍しています。

 

ダート1200m

向正面奥の芝からスタートし、ほぼ一直線に3コーナーへ向かいます。
しかも坂の頂上から3コーナーに向かって下りになっているため、発走直後からスピードがつきやすいのです。
内枠の馬はよほどうまくスタートしないと、外からかぶせられてしまいます。
そのため、中山コースでは珍しく外枠有利な傾向にあります。
もちろんスタートダッシュがよく、すんなり先頭に立てさえすれば内枠が有利です。

 

ダート1800m

スタートから1コーナーまで距離があるので、枠順の有利不利はそれほど影響はありません。
ただし、先行馬であればやはり内枠が欲しいでしょう。
パワー型に有利な時計がかかるコースなので、バテない先行馬が狙い目です。
実力が拮抗しているレースであれば人気薄の前残りにも検討の余地はあります。

 

ダート2400m

コーナーを6度も回る長距離線だけにペース配分が重要です。
レースを作れる先行タイプに有利です。