小倉競馬場は小回りな比較的フラットなコース

MENU

小倉競馬場の特徴

コース形状
右回り
芝コース
1615m 直線293m
ダートコース
1445m 直線291m
障害コース
1317m たすき480m
開催重賞
小倉大賞典 小倉記念 北九州記念 小倉2歳S 小倉サマージャンプ(すべてGⅢ)

 

典型的な平坦・小回り

直線は平坦ですが、実際は2コーナー付近が高く、芝コース全体の高低差は2.96mです。
2コーナーにかけて上ったぶんを2段階の下り勾配で下り、フラットな直線に向くという構成です。
ダートコースもほぼ同様です。

 

 

主なコース・距離別のポイント

芝1000m

3~4コーナーに高低差1mの下りがあるほかはフラットでスピードが出やすいでしょう。
新馬戦を含めて内枠の逃げ・先行馬が圧倒的に強い傾向です。

 

芝1200m

2段階の下り勾配で加速し、スパイラルカーブでスピードを落とすことなくフラットな直線を駆け抜けます。
先手必勝ですが、先行争いが激化すると差しも届き、馬場が荒れる開催後半は外差しも決まります。

 

芝1800m

前半はスロー~平均ペースになり、上がり勝負になる事が多いですが、開催前半の時計の速い馬場では逃げ・先行馬が活躍しています。

 

芝2000m

最初のコーナーまで472mありますが、1800m戦に比べてハイペースになりやすいでしょう。
向正面でペースダウンした後に再加速するため、末脚の確かな差し馬に向きます。
紛れが少なくコース適性は重要なファクターです。

 

ダート1000m

砂が厚めで力を要します。下り坂でスピードに乗りやすく、逃げ・先行馬が圧倒的に有利で、馬群に包まれにくい
中~外枠の成績がいいようでうす。

 

ダート1700m

1コーナーまで343mあってペースが落ち着きやすく、逃げ・先行馬有利ですが、4コーナーで好位に付けられる差し馬も好走します。

 

ダート2400m

1周半でコーナーを6度回るタフなコースです。
最後はゴールになだれ込むような決着になりやすく、前にいる馬が有利になります。