ゴール前の急坂で急激に脚色を鈍らせる馬も少なくありません。

MENU

阪神競馬場の特徴

コース形状

右回り

芝コース

外回り2089m 直線473.6m オーバーシード
内回り1689m 直線356.5m

ダートコース

1517.6m 直線352.5m

障害コース

1366.7m たすき403.7m

G1

桜花賞、宝塚記念、ジャパンカップダート、阪神JF

 

 

ゴール前に急坂

内回りでは残り800m、外回りでは残り600mから、直線の半ばにかけて緩やかに下り、直後に急な上り坂が待ち受けています。
高低差は1.8mですが、勾配は1.5%で中山(1.6%)に匹敵する難所です。
急激に脚色を鈍らせる馬も少なくありません。

 

長いバックストレッチ

広々とした3~4コーナーの先に伸びる外回りコースの直線は、内回りに比べて100m以上も長いのです。
しかもその先に待ち受ける急坂を意識したジョッキー心理がスローペースを生みます。
特に芝1800mではスローペースになりやすいのです。

 

スパイラルカーブ

コーナーのカーブがきつく、ゴチャつく危険性が指摘されていた1~2コーナーでは、芝・ダートともにスパイラルカーブが導入され、3コーナーも緩やかに改善されました。
改修前のトリッキーな形状に比べて、フェアで紛れが少ないコースとなっています。

 

 

主なコース・距離別のポイント

芝1200m・内回り

内回りで3コーナーまでの距離が短く、あきらかに内枠かつ逃げ・先行馬が有利です。
スタート直後が下り坂なのに対し、残り200mあたりから急坂というアップダウンが特徴的で、京都に比べると一本調子での逃げ切りは難しいでしょう。
全体的に力と瞬発力が要求されます。

 

芝1400m・内回り

3コーナーまでの距離はありますが、スタート直後の先行争いは避けられません。
先行しての粘り込みが利きやすく、外々を回されて距離をロスする外枠よりも内枠が有利な傾向です。
先行力のあるパワー型に向きます。

 

芝1400m・外回り

ゴール前の直線が473.6mと内回りコースよりも120m近く長いため、差し・追い込み馬の好走も多いでしょう。
内回りと同様で、距離ロスのリスクがある外枠よりも内枠が有利です。

 

芝1600m・外回り

桜花賞や阪神ジュベナイルフィリーズという華やかな牝馬G1の舞台です。
改修でスタート直後の急カーブがなくなり、長い直線が2本と、コーナーが2回という形状に変わりました。
外枠不利の解消が期待されましたが、3コーナーまで馬群がダンゴ状態で進む多頭数では、依然として内枠有利の傾向にあります。
最後の直線が473.6mあり、直線に向いてから追い出せばよく、レースはしやすくなっています。
改修前よりもペースは落ち着く傾向で、差し・追い込みが届かない事が増えています。
最後の直線が長くても、脚質の有利不利はあくまでペース次第です。

 

芝1800m・外回り

スタート地点は1400m内回りと同じですが、外回りの為スローペースになりやすいでしょう。
古馬の上級クラスでも前半3ハロンより後半3ハロンの方が速くなりますが、前も止まらないので追い込み一手では不利なのです。
先行力があって速い上りタイムもある馬に向いています。

 

芝2000m・内回り

スタート地点は芝2400m外回りと同じで、内回りを1周します。
スロー~平均ペースが多く、距離ロスのない内枠が有利です。
後方待機馬が台頭するには、逃げ・先行馬が揃ってハイペースになる事が条件です。
内回りを2周する3000mも同様の傾向があります。

 

芝2200m・内回り

春のグランプリ・宝塚記念のコースです。
外回りのコースの4コーナー出口付近からスタートして内回りを1周します。
スタート直後が長く、緩い下り坂なので前半から速いラップが出て、馬群が縦長になりやすいのです。
全体に速いペースになるので最後は瞬発力勝負ですが、ゴール前の急坂を克服するスタミナも必要です。
ただし、内回りの直線は短いので、差し馬も早めに仕掛けて4コーナーでは好位につきたいものです。
直線一手では届かないでしょう。

 

芝3000m・内回り

向正面の2コーナー寄りからスタートし、コーナーを6度通過し、急坂を2度上がるだけのスタミナが必須です。
距離実績を重視すべきでしょう。

 

芝3200m・外/内回り

1周目が外回り、2週目が内回りです。
2度の坂越えと距離を克服するスタミナを備え逃げ・先行馬に向きます。

 

ダート1200m

スタート直後は平坦で、残り1000m地点から4コーナー出口までが下り、ゴール前200mが急坂というタフなコースです。
京都に比べると前残りが少なく、外からの差しも決まりやすいですが、コーナーがキツイので外に振られると大きなコースロスとなります。
直線部分が長いので、枠順は揉まれにくい中~外枠がよく、出脚が速いパワータイプに適しています。

 

ダート1400m

1200mのスタートからコーナーポケットの奥方向へ200m下がった位置からスタートするため、レースの傾向は似ていますが、馬群が縦長になりやすい傾向があります。
芝の部分からスタートするため、芝もこなせる馬なら外枠が有利となります。
揉まれやすい最内枠は不利です。

 

ダート1800m

ジャパンカップダートのコースです。
スタート直後にゴール板前の板があり、1コーナーまでは303mです。
先手を取りたい馬は外枠からでも強引に行くことが多く、多頭数でもかぶされない外枠が有利となります。
コーナーを4度通過し、直線は352.5mで、脚質的には先行有利ですが先行争いが激化する上級クラスでは差し馬が台頭する事が多いです。

 

ダート2000m

JRAでは唯一阪神だけにある距離です。
芝の内回りコースの4コーナーポケットからスタートし、1コーナーまでは500m以上もあります。
芝の上を80mほど走るため、スタート直後のラップは速くなりがちですが、1コーナーを過ぎると落ち着きやすいので、逃げ・先行馬に有利です。
急坂を2度超えるため、スタミナとパワーが要求されるタフなコースです。他場の長距離ダート実績を考慮しましょう。