10開催場所中で最後の直線が1番短い262mです。

MENU

函館競馬場の特徴

コース形態

右回り

芝コース

1627m 直線262m 洋芝

ダートコース

1476m 直線260m

障害コース

なし

開催重賞

函館スプリントS 函館記念 函館2歳S(すべてGⅢ)

 

洋芝適性が勝負を分ける

洋芝に変わって水はけがよくなりましたが、開催後半は馬場が傷んで時計がかかり、コース適性の有無が顕著に表れるようになりました。

 

日本一短い直線

ゴール板が4コーナー寄りにあるため、直線は10競馬場中最短の262mです。
しかも3~4コーナーから直線、さらにゴールまで緩やかな下り勾配なので、一瞬の切れる脚が勝負を分けるコースとなっています。

 

 

主なコース・距離別のポイント

芝1000m

2歳新馬戦専用コースです。スタートからコーナーまでが短いため、スピードのある逃げ・先行タイプが強いでしょう。

 

芝1200m

コース中の最低地点からスタートし、3.4mを駆け上がります。
コーナーまでの距離が比較的長いため、差し馬にも活躍の余地があります。

 

芝1800m・2000m

コーナーを4度通過するので先行馬が有利ですが、差し馬が台頭するケースも少なくありません。
枠順の特に気にする必要はありません。

 

芝2600m

コーナーを6度通過する間に坂を2度上がり1度下がります。
小回りで直線も短いですが、バテた前の馬を後続馬がとらえるパターンが多いでしょう。

 

ダート1000m

最後の直線はJRA最短の260mで、ゴール前は100mはフラットです。逃げ・先行馬が圧倒的に強く、枠順は砂を被らない外枠が有利です。

 

ダート1700m

コーナーを4度通過する形状で先行馬が有利です。
ただ逃げ馬の成績はあまりよくなく、末脚のしっかりした差し馬の健闘が目立ちます。

 

ダート2400m

コーナーを6回通過し、アップダウンを繰り返すタフなコースです。
レース数が少ないですが、ペース次第では差し馬でも好走する事はあります。