坂は高低差が少ないですが、小回りでカーブがきついです。

MENU

福島競馬場の特徴

コース形状

右回り

芝コース

1600m 直線295.7m オーバーシード

ダートコース

1444.6m 直線295.7m

障害コース

芝コースを使用 たすき490.9m

開催重賞

福島牝馬S ラジオNIKKEI賞 七夕賞 福島記念 (すべてGⅢ)

 

 

典型的な小回り

1周の距離が短いので、どうしてもコーナーが多くなります。
1700・1800mで4つ、2400mでは6つのコーナーを回ります。
しかもカーブがきつく、上手に回らないと外にふくれて距離ロスが生じるため、跳びが大きい大型馬より小兵や牝馬が活躍する傾向にあります。
差し・追い込み脚質の馬ならなおさら器用さが必要です。
直線が短いので、3コーナーあたりで騎手のゴーサインに即座に反応できなければとても届きません。

 

スパイラルカーブ

3~4コーナーは緩やかなスパイラルカーブでスピードが落ちにくく、加えて4コーナーから直線にかけてはわずかながら下り勾配で、スピードは持続します。
スピードを持続したままコーナーを曲がる逃げ・先行馬が有利です。
馬場状態がいい開幕週は、なおさらその傾向が顕著となります。

 

アップダウンの繰り返し

高低差は最大でも2.1mの平坦コースですが、起伏箇所が多い独自のアップダウンになっています。
ゴール板付近から2コーナー手前までなだらかに下り、緩やかな上りに転じた後、バックストレッチ中央までの100mで1m上る急勾配があります。
3~4コーナーはフラットですが、4コーナーから直線はまた緩やかに下り、120mで1m以上の上り勾配を駆け上ってゴールとなります。

 

開催後半は外差し

梅雨の時期に重なる福島開催は馬場が悪化しやすいのです。
改修されて水はけはよくなりましたが、馬場の状態の変化には要注意です。
馬場が荒れると外から指してくる馬が届きやすくなります。

 

 

主なコース・距離別ポイント

芝1000m

引き込み線からのスタートで、コーナーまでは距離があり、しかも緩やかな上り坂です。
逃げ・先行馬に有利ですが、枠順はあまり関係ないでしょう。
3~4コースのスパイラルカーブもスピード馬に有利で、コース適性は重要なファクターです。

 

芝1700m

正面スタンド前からの発走で、1コーナーまではわずか200mで先行争いは熾烈を極めます。
スタート直後から速いラップを刻む展開が多いでしょう。
先行し、かつスピードを持続できる馬に向きます。コーナーを4度も回るため、外枠の馬は外々を回らされて不利が大きいのです。
先行馬有利ですが、ペースは速くなりがちで逃げ切りは難しいでしょう。

 

芝1800m

正面スタンド前の右側からスタートし、1コーナーまでは300mです。
中山1800mに似たイメージですが、1700m戦に比べれば前半のペースは落ち着きやすいでしょう。
平均ペースまでなら逃げ・先行馬が有利です。
差し・追い込み馬が台頭するためには前半のペースがかなり速くなることが前提になります。
1700mと同じくコーナーを4度も回るために外枠は不利です。

 

芝2000m

4コーナーのポケットからスタートになります。
1コーナーまで500mありますが、先手争いが激しくなる事が多く、内枠がやや有利です。
小回りコースでの実績があり、先行する能力のある馬に向いています。
馬場が荒れだす後半の開催ではスタミナや距離実績に着目する必要があります。

 

芝2600m

坂を4度上って3度下り、コーナーを6度通過するトリッキーなコースなだけに福島競馬場のコース実績に注目しましょう。
前半はゆったり流れ、2週目の3コーナーからペースが上がるため、波乱が起きる要素も強いのです。

 

ダート1000m

コース幅が狭くフルゲートでも12頭です。
たまに2歳新馬戦や3歳未勝利戦が組まれる程度でレース数は少ないです。
スタートダッシュと二の脚の速さが必須で、3コーナーで先頭に立てればそのまま押し切れます。
断然内枠の逃げ馬が有利です。

 

ダート1150m

芝コースを横切ってダートコースに入っていきます。
枠順に関係なく、スピード能力で勝負が決まり、1000m戦同様、逃げ・先行馬が有利な傾向があります。

 

ダート1700m

スタート直後に坂を上ってコースを1周します。
福島競馬場は先手必勝という騎手心理もあって、直線は338mもありますが先行争いは激しくなります。
他場に比べて砂が深く、パワーで押し切るタイプの逃げ馬が活躍します。

 

ダート2400m

レース数の少ない距離ですが、小回りコースで6度のコーナーを通過します。
先行馬が有利ですが、逃げ切るのは難しいでしょう。