50万円を元手に1億円を超える払戻金を手にした方は、”ミラクルおじさん”と呼ばれています。

MENU

競馬の一攫千金事例

競馬初心者の人でも、芸能人が百万円を超える払戻金の馬券を的中したという記事を見たことがあるかと思います。
しかし競馬では1億を超える払戻金を手にしたという衝撃的なニュースがありました。

 

それは2003年に阪神競馬場で行われた宝塚記念というGⅠレースで起きました。
結果から言うとこのレースを制したのは単勝6番人気のヒシミラクルという馬でした。
ヒシミラクルはそれまで菊花賞と天皇賞・春という2つの長距離GⅠレースにいましたが、中距離のこのレースで距離不足を懸念されこの人気となりました。

 

前年の年度代表馬シンボリクリスエスこの年のダービー馬ネオユニヴァース前走の安田記念を制したアグネスデジタル前年の有馬記念2着馬タップダンスシチーなどが人気となっていました。

 

レースは最後の直線で先頭に立ったタップダンスシチーの外からヒシミラクルと8番人気ツルマルボーイが追い込み、最後はこの2頭の競り合いを首差でヒシミラクルが制するという波乱の決着となりました。

 

ここまでレースについて書いてきましたが、冒頭の1億円を超える払戻金を手にした方というのは、このヒシミラクルの単勝を買っていたそうです。しかも1222万円もの単勝を買っていたそうです。

 

金曜日の前々日発売の日に買ったようで、その時のヒシミラクルの単勝オッズは1倍台になっていました。最終的な単勝オッズは16.3倍となっていたので、その払戻金は1億9918万6千円と約2億円の配当となりました。
その金額は宝塚記念の優勝賞金(1億3200万円)より多かったのです。

 

しかもさらに驚かされるのが、元金の1222万円もダービーと安田記念を的中させてのものだったそうです。
最初の元金50万円をダービーでネオユニヴァースの単勝2.6倍を的中させ130万円に、それをさらに安田記念でアグネスデジタルの単勝9.4倍を的中させ1222万円にしたのです。つまりGⅠ3レースで単勝を転がし、50万円を約2億円にしてしまったということです。

 

この方は勝ち馬のヒシミラクルと一攫千金のミラクルを合わせて、「ミラクルおじさん」と呼ばれています。