種牡馬の血を引く子供たちが活躍する姿を見ることに、”血のロマン”を感じることでしょう。

MENU

デビューから馬を応援する

競馬初心者の人にぜひ言いたいことがあります。
競馬に興味を持ったのなら、まずは1頭の馬をデビューから追いかけてみて下さい。
そうすれば競馬の楽しさをより知ることができ、競馬をより一層好きになっていくと思います。
最初の馬の選び方はなんでもいいです。
新馬戦のパドックを見て決めたり、面白い馬名の馬にしたりと自分なりの決め方をしてください。

 

最初の1頭は牝馬がオススメです。

理由は後述します。
応援する馬が決まったら、とことん応援しましょう。
馬券は買っても買わなくても構わないです。
馬券を買わなくてもレースの成績だけで十分楽しめます。
ただ、応援している馬で馬券が取れたら嬉しさは倍増するので、後悔したくない人は買っておいた方がいいのかもしれません。
買った馬券が外れて後悔するのだけはやめましょう(笑)。

 

とにかく途中で応援をやめるようなことはしないでください。

応援をやめたら、そこで終わってしまいます。
なぜかというと、お気に入りの馬が引退した後も楽しみは続いていくからです。
牝馬がオススメだと言ったのは、その馬が繁殖牝馬になったらその子供たちを応援する楽しみがあるからです。
牡馬の場合は優秀な競争成績を収めた馬か、血統の良い馬でないと種牡馬入りするのは難しいです。そういったことから最初のお気に入りの馬を牝馬にしておいた方がいいのです。

 

牡馬を選びたいのならば、いっそのことその馬の兄弟馬全てを応援した方がいいかもしれません。
兄弟に牝馬がいればその子供たちを応援できますし、楽しみは増えていくと思います。

 

初めて追いかけた馬がレースであまりいい結果を残せなかったとしても、その馬の血を引いた子供たちが活躍してくれたら、感動すること間違いなしです。
これこそが競馬の楽しさであり、競馬が「血のロマン」と言われる所以です。
決して馬券の勝ち負けだけが競馬の楽しみ方ではないということを、ぜひ競馬初心者の人には知っておいていただきたいです!